昭義のひとりごと  


このページは私の日記のようなものです。私の感じること、周りで起こったことを書きます

このページは下から上へ順番に日付が新しくなっています。
前のものを読みたい方はこちらからどうぞ。

生徒さんへの重要な連絡があります。こちらです。2021.2.2)必ずご覧下さい。

〜栄子の花日記〜...ときどき音楽こちらです。

このページをお読みになってのご感想ご意見はこちらへ。


9.12

 先週金曜日のバス研は内容は素晴らしかったのですが、それを伝える音声の送り出しがうまくいきませんでした。全体像、ペダル、音声収録用(当然他の3台のオーディオは切りました。切ったつもりですがここができていなかったのかな?)、参加者の管理と4台を使ったせいか、喋りと演奏の音声がきれいに録れませんでした。オリジナル音声を使うにチェックを入れてあったのですが、録れた音声は立ち上がりにノイズが入っていました。(随時母屋のiMacでオンラインの内容をチェックしました。)レゾナンスで聴かれた方には充分満足していただけたのですが、オンラインで聴かれた方には申し訳ないレベルになってしまいました。今回はマズルカ3種(クアヴィヤク、マズール、オベルタス)のそれぞれの特徴、ワルツの特徴などなかなか取り上げられない内容だったのでワルツとマズルカのみで時間がなくなってしまいました。ポロネーズは次の機会に、その時には同じことが起こらないようにしないと。
 オンラインで聴かれた方には内容はよく分かったと好意的に受け取っていただきましたが、送り出し側としては反省点が盛りだくさん。

 栄子先生は今日深谷のステップのアドバイザーを務めるので、昨日今日と深谷まで送迎しました。想像していたよりはるかに距離があったのですが、EyeSightのおかげでとても楽に往復できました。市川北から外環で大泉に行き、関越に入って花園まで行くというコースです。
 EyeSightの使い方は、速度を制限速度+αに設定して前走車について走り、前走車がいなくなったら速度を落とします。また前走車に追いついたら元の設定速度に戻します。外環も関越もある程度車が走っているので、ほとんど前走車がいるのでその速度に抑えられてしまいます。この1週間でこの方法で600km近く走りましたが、この走り方に慣れるととても楽に運転できます。


9.7

 今週金曜日のバス研の準備をしています。レゾナンスからオンラインで講座を開きますが、足元と全景を映したり、YouTube上の動画をzoomにのせたりと色々やることがあります。今まで母屋のEtherのケーブルを引いて、それをWiFiのルーターのWANに入れ、LANポートからひかりテレビのEtherのポートに入れていました。昨夜ルーターのネットワークを作り直したら、ひかりTVが映らなくなってしまいました。ルーターを替えても症状は同じ。ひかりTVのサポートに電話しても、まともな回答は得られず。
 試しに母屋から来ているEtherのケーブルをひかりTVに直接入れてみたら、ひかりTVが映りました。ということはハブでEtherのラインをいくつかに分ければ良いということ。ハブを買ってきて試したら、思った通りうまくいきました。

 たったこれだけのことですが、なかなか思いつかないです。ひかりTVのサポートはWiFiルーターの設定でIPv6に対応しているか聞いて欲しいと言っていましたが、ハブを使えばルーターとは無関係にできます。早く気がつけば良かった!半日無駄にした!


9.3

 知らないうちに9月になってしまいました。今日は菅総理の総裁選不出馬の話で持ち切りです。

 今はFinaleでタルティーニの「コレリによる主題と変奏」を作っています。オリジナルは通奏低音の伴奏付のエチュードですが、クライスラーが編集した同名の作品が有名です。またフランチェスカッティがアレンジしたバージョンもあり、フランチェスカッティ自身やシェリングのCDがあります。今入力しているのはこのフランチェスカッティ版の方です。ヴァイオリン譜はすぐ作れましたが、伴奏に苦労しています。
 クライスラーの版は変奏が3つ、フランチェスカッティ版は変奏が5つあります。フランチェスカッティ版はオーケストラの伴奏がついていますが、ピアノ伴奏で弾きたいので自分で伴奏を考えています。(シェリングのCDはピアノ伴奏です。)ちょっと書いてはFinaleで再生してまた直す、の繰り返しです。
 元の譜面はアウフタクトは改行しているので、Finale上でその真似をしようと思ったらとても複雑、 参考書を見て何とかできました。フランチェスカッティ版は出版されていないようなので、弾くなら自分で作るしかありません。たった4〜5分の曲でも結構大変です。もし発表会ができるならそこで弾こうかな?


8.24

 先週末に思いもかけぬ訃報を知らされ、日曜日に告別式に行ってきました。私より10歳以上も若い方で信じられません。

 うまくいかない時は誰でも色々なファクターを変化させて解決を試みると思います。それでうまくいく場合は良いのですが、自分では右から左まで思い切り変化させたつもりでもうまくいかない場合もあります。そういう時はもっと変化の幅を大きくして、「これはないよね!」というくらいのところまで変えてみるのも良いかもしれません。案外それが解決の鍵になることがあります。何回試してもうまくいかない時など、自分の想像している変化の幅の外に正解があることが多いです。
 思い切りやり方を変えているつもりでも、外から見ると大して変わっていないということがよくあります。誰でも判断の基準は自分の経験から導き出すので、自分が想像できる範囲でしか変化させられません。自分の想像が偏っていたら、どんなに頑張っても正解には辿り着きません。ですからたまには冗談と思えるくらい思い切りはみ出してみると良いです。


8.19

 PTNAのコンペも今日終わりました。特級のファイナルはオンラインで見ることができます。昨日今日と栄子先生がオペラシティでD級の審査をしてきました。D級の全国大会は53人、2日かけての審査です。電車での移動はコロナが怖いので、車で送迎しました。オペラシティは何度も行っているので混んだ場合の抜け道もよく分かっています。昨日の審査は19:20終了だったのですが、ナビが北の丸で下に降りるように行ってきました。でも渋滞情報を見ると外苑までは行けそうなので、外苑で降りてそこから新宿駅の前を抜けていきました。(渋滞の原因は永福町の故障車でした。)また昨日も今日も行きは錦糸町で降りて神田橋でまた首都高にのるというルートを使いました。(神田橋の入り口のすぐ手前は大規模接種会場です。)

 ペット保険から送られてきたバースデーカード、スコちゃん8歳になりました。カーソルをカードに載せると血統書が見えます。TOMY'S LAND'S MASARUというのが名前のようですが、スコちゃんも自分がマサルだなんて思っていないでしょう。
 実はこのロールオーバーイメージを作るのに一騒動がありました。ごく普通に設定しても、いくらやってもカーソルを載せても写真が変わりません。他の写真で試すときちんと動作します。いくらやっても原因不明。夜中3時位までジタバタしたのですが解決しませんでした。
 寝ている間にひょっとすると外付けのBluetoothキーボードが原因かもと閃き、朝食後に試してみたら一発で解決しました。その成果がこの写真です。とはいってもキーボードのどこに原因があるかは不明.......?


8.12

 健康診断で「?」がついたところを診ていただいている都内の病院の担当の先生が設備の整ったところを紹介して下さったので、神奈川県の某大学病院に行ってきました。その分野での権威の先生ですが、とても優しくにこにこと対応して下さり、あっという間に検査の日程が決まり、血液、X線、心電図の検査も済ませました。家からは1時間半〜2時間位の距離にある病院ですが、手際の良さには驚きました。
 今までかかっていた病院も結構大きな病院なのですが、設備の都合で私のような症状を診られる機械はないそうで、その設備があり権威の先生がいらっしゃる病院を紹介していただきました。
 普通はまず東京に出て、3号線から東名というコースをとるのですが、ナビは横羽線から金港JCT〜横浜青葉から東名というコースを指示してきました。10km近く余計に走るのですが、全然事情を知らないところに行くので、素直にナビに従いました。結果的にこれが良かったようで、最初に予想したくらいの時間で着きました。結局今日1日で160km走った上に診察や検査もしているので、今日は疲れました。


8.8

 いつの間にかオリンピックが始まり、今日は閉会式。病院に行きたいのに首都高が普段の利用料+1000円取られるので、全部下道を行かないといけません。明日までこの規制。今度は24日からパラリンピック関連の規制があります。人流を抑えるならもっと他に方法があるでしょう。
 マスコミが全然取り上げませんが、国は保健所の規模を抑えるようにここ何年かずっとしてきているはずで、今回のコロナ禍ではそのあおりを受けて保健所が機能しなくなっています。保健所が機能しない原因はこの保健所の機能縮小にあるはずなのに、どのマスコミもそれを指摘していません。

 楽器や弓の持ち方を最初に覚える時に許される誤差はcm単位ですが、ポイントが分かればそんなに神経質でなくても良いようになります。同じことをしているつもりでも、ポイントが分かる前と後ではしていることがまるで違うのです。Galamianの本にあるように楽器を持つ時、ある人は顎と肩で楽器を支えて楽だと感じますが、他の人は鎖骨に楽器を載せて左手で支えるようにしています。このように楽器の持ち方1つをとっても、最後は違和感を感じないように、どちらかを選ばなければいけません。
 こういうことを誰かに教えてもらおうと思っても、人によって体形も筋力も感覚も違います。先生から色々なアドバイスをもらえても、所詮は他人。ポイントは自分で見つけるしかありません。


7.26

 昨日は第95回勉強会でした。前日にはいつもお願いしているSさんに調律をしていただき、同時にレゾナンスの共鳴音の原因も探しました。.フタを全開にすると雑音が聞こえるのですが、半開だとでません。Sさんのお話だとこの種の雑音はとても微妙で、ちょっとした事で出たり出なかったりするそうです。コーキング剤を使って原因と思われる所を1つずつ潰していかないといけないそうです。気の長い話。
 記録用にビデオを撮っていますが、今までは古い機種を中心に使ってきましたが、この前から新しいものに移行しました。そのためSDカードもSDXCカードまで使えます。さすがに128GBは高すぎるので、64GBにすることにしました。
 本論の演奏は皆それぞれに頑張っていて、それぞれの良さがふわっと浮いてくるような感覚を覚えました。 レゾナンスのような天井が高いホールの響きの中で弾いた経験は本番に必ず活きるでしょう。無理をしなくても会場に音を響かせられるという感覚を経験できるのですから。


7.16

 延期されていた第18回ショパンコンクールの予備予選が行われています。初めはMacbook Proで聴いていたのですが、HDMIへの変換ケーブルを通してテレビで聴くようにしました。でも音声が気になるので音声だけUSBポートからリビングのステレオのプリアンプSV-20DのUSBポートに入れてみました。今までの詰まった感じがなくなりとても気持ちよく聴けます。明日からの予備予選はこの形で聴きます。
 当然のことながらzoomでのレッスンやセミナーと同様、音声を大事にするなら何らかの形で音声をプリアンプに入れてスピーカーで再生するのが良いでしょう。


7.14

 おととい大手町で2回目の大規模接種を受けてきました。Modernaのワクチンなので1回目の接種から4週間後です。地元市川市の接種のホームページに接続しようとしたのですが、接続できないので大規模接種のページにアクセスしたら待たされることなくつながりました。大手町まではちょっと遠いのですが混まなければ車で30分ほど。大規模接種会場は前に通っていた聖路加メディローカスの隣です。(神田橋の出口のすぐ横です。)
 この大規模接種、とても段取りが良く2回とも14:30を予約したのですが、20分位早めに着いたらさっさと手続きしてもらえ、予約時間の14:30には接種も終わり、15分間待機席で様子を見てから帰りました。2回目の今回もその時は何もなくすんなり家に帰りました。(地元でのPfizerの接種は2回ともこれほど順調ではありませんでした。)
 ところが夜中から異変が起きました。夜中に何度もトイレに行き、朝起きたら倦怠感!お昼までは気のせいかと思っていたのですが、熱を計ったら38.8度、昨日はそのままただ寝るだけ。今朝になったら36.9度、倦怠感もなく普段通りになりました。すぐに副反応が出なかったので家に帰れましたが怖い怖い。


7.10

 今年も前半が終わってしまいました。東京の新規感染者は着実に増加しています。矛盾だらけのコロナ対策、これで減る訳ないですね。物言えば唇寒し........の心境です。

 3月末にマザーボードを交換したMacbook Proは時々意味不明な動作をしますが、今のところ何とか使えています。意味不明な動作というのは「問題があったのでOSを再起動しました。」というメッセージが出たり、TimeMachineが時々失敗します。(マザーボードを交換したので、TimeMachineを再度試してみています。)BigSur以降は動かせないので今のMojaveで行ける所まで行くしかありません。iMacにもM1チップが載るようになり、もう少ししたら普通に使えるようになるでしょう。
 TimeMachineは神経質なので、FlashGet ProというMLC型SSDを手に入れて それにCarbonCopyClonerで起動できるバックアップをとることにしました。最初はNASにTrueImageでバックアップをとろうとしたのですが、マザーボードを換えたらTrueImageが再起動を繰り返すようになってしまいました。
 またセキュリティソフトも色々問題を起こしています。以前でしたら原因を探すように頑張りましたが、今はそんなことをする暇はありません。


6.28

 屋根裏部屋の片づけをしていたら、こんなものが出てきました。

 中身はどのアンプに挿してあるのか分かりませんが、大橋さんにお願いして手に入れたものです。今ではとても手の出る値段ではありませんが、当時は頑張れば手が出せました。予備は1セットしかないので、もし何かあったら困ります。WE以外の300Bは何本かあるので、それで凌ぐしかありません。
 他にもSV-6というイクォライザーアンプのまだ手を出していないキットも1つ見つかりました。 目も衰えたので今から作るのはきついしレコードプレーヤーにはすべてイクォライザーはあるし、どうしようかなぁ?


6.26

 うまく弾けなくなる時の典型的な症状は力むか急ぐかです。最悪はその両方が同時に起こることです。弾けないと焦って起こる症状です。弾けない時は半分位のテンポでゆっくり弾くことから始めて少しずつ速くしていけば良いのですが、結論を急いで拍子も数えずにただ速く弾いてしまうのです。力むのはこの前書いた「牛とカエル」の話ではないですが、必要もないのに forte fortissimo)で弾くのです。ゆっくり楽譜通り落ち着いて弾くことが一番の薬です。
 弓幅を使い過ぎるのも余計な力が入るだけです。もちろん場合によっては弓幅をたくさん使うことはありますがそれは例外です。


6.18

 生徒さんの様子を見ていると、レッスンで区切りがついた時に録画して専用のページでそれを限定公開すると、とても励みになるようです。録画した本人はもちろん、それを見た他の生徒さんも他の人の演奏にとても刺激を受けるからです。今日録画した生徒さんも満面の笑顔で帰っていきました。

 今のLegacy B4になって丸2年が経ちました。初めはEyeSightに慣れず違和感が多かったのですが、今では環境に合わせて細かくON OFFしています。たとえば首都高でかなりのカーブに入る時など、速度を設定しているとカーブに入っても同じ速度で走っていきます。そういう時はカーブに入る前にEyeSightをOFFにして自分でアクセル操作をし、直線になったり前走車がいる時はまたONにします。こうすると長距離も楽に走れます。私は基本的に設定車速は速めにしておいて、他車に追従して走るようにしています。自分が先頭になった時はEyeSightは当然OFFです。


6.13

 一生懸命弾いているのに、ただ力むだけになってしまうことはよくあります。イソップの「牛とカエル」の話、カエルが牛に負けまいとおなかを膨らませ、最後にはおなかが破裂してしまう!私たちの年代は全弓の練習をよくさせられたものです。弓幅を必要以上に大きくすると、弓を動かす事に力を遣わされ、上のカエルのような状態になります。弓幅を遣うから大きい音が出るのではなく、よく響くようにすれば弓幅を遣わなくても大きい音は出ます。瞬間的に弓幅をたくさん遣う事はもちろんありますが、それがボーイングの秘訣ではありません。(フレーズのクライマックスの音を弾く時には一瞬でほぼ全弓を遣う事もあります。でもいつも全弓で弾く事など無理!)
 もちろんただ弓を遣わなければ良い訳ではありません。自分が求める演奏効果が得られる事が大事です。普通に想像するよりはるかに少ない力で音は出ます。


6.8

 実は小岩菖蒲園は先週に行くつもりだったのですが、雨のために昨日行く事になりました。先の予定の都合もあるので2日連続になりますが北小金の本土寺(アジサイ寺)に行きました。

 本土寺はあじさい寺として有名ですが、菖蒲も蓮もきれいに咲いていました。想像以上に多くの方がいらっしゃっていて驚きました。マスクをきちんとして無駄口は利かずを心がけました。私たちが着いた時に本土寺で結婚式を挙げたカップルがちょうど写真を撮っていました。お庭をめぐっていたらこのカップルに何度か会いました。山門の前のお店でずんだ饅頭とユズ味噌を買いましたが、どちらもおいしかったです。
 その後昔住んでいた我孫子のウナギの名店うだ川に行き、お昼を食べて帰りました。適当に空いていてソーシャルディスタンスは保たれていました。 (Social Distancingというのが正式だそうです。)


6.7

 この前ネットで見つけた小岩菖蒲園に行ってきました。江戸川の河川敷に地元の方から寄贈された花菖蒲を江戸川区が回遊式の庭園にしたものです。区画ごとに株分けしてからの年数が同じ色々な種類の菖蒲を見せています。

江戸川河川敷
正面に対岸の大学が見えます
京成電鉄の江戸川駅のすぐ近く
100種50000株の菖蒲が咲き誇っています
  鴨も泳いでいます

 とてもよく手入れがされていて、さかりを過ぎた花はどんどん摘まれています。そうしないと枯れかけた花に栄養をとられて、後から咲く花に栄養が行かないからです。
 帰りに対岸の里見公園まで足を伸ばしたのですが、車から見る限りでは何も咲いていなかったのでそのままスルーしました。よく探せばこういう所が身近にたくさんあるようです。


5.27

 大人は子供のようには簡単にうまくなれません。自分の事は子供よりよく分かっているのに........原因は頭が先行してしまうからです。自分はこうなっているのでこうしなければいけない!ということをまず考えるので、意識過剰になってしまうのです。なまじ知恵があるので陥ってしまう迷路です。注意点を先回りしてやろうなどと思わず、無心に弾けば良いのに!

 昨日は皆既月食でした。時間になってもどこにも月は見えません。あきらめてしばらくしてベランダに出たら、隣のアパートの屋根のすぐ上に月が!

 写真では丸く見えますが、肉眼では三日月のように左半分が光って見えていました。もっとはっきり撮ろうと思ってD7000で望遠レンズを使って撮ろうとしたら、暗すぎてシャッターがおりません。残念!


5.23

 先ほど何気なくテレビをつけたら、クラシック音楽館 「現役N響メンバーが語る 心に残るマエストロたち」という番組が放映されていました。ブーレーズ指揮のダフニスとクロエ全曲版に私が出ていました。

 26年前の演奏会で、懐かしい顔がたくさん見られました。こんな時もあったなぁ.....!栄子先生が私の髪の多さに驚き写真を撮りました。


5.19

 先週毛替えをしたのですが、家に帰って松脂をつけようと思ったら全然つきません。色々試してやっと松脂をつけたのですが、音にはいつものような感激がありません。そこで昨日もう一度毛を替えていただきましたが、その時に松脂も預けました。弓を引き取りに行ったら松脂がおかしいのでは?と言われ、試しに店頭で使われているBogaro & Clementeをつけてみたら、手応えもつける時の音もまるで違います。関根さんの話では松脂が突然変わるという事はあるようです。丸一日弾いていつも通りの感覚、ホッとしました。それにしても初めての経験、驚きました。


5.13

 コロナ禍で保健所の業務が追いついていないとよく言われますが、何年も前から保健所の縮小を進めて来た国の責任をどこも追求しないのはなぜなのでしょう?一時期ワイドショーでそのことに触れていたのに、コロナになって保健所の業務が追いつかなくなってもそのことに触れるワイドショーは1つもない!分かっているはずなのに。


5.6

 Galamianのヴァイオリン教本(Principles of Violin Playing & Teaching)の第2章左手の指と親指(fingers and thumbs)に「指は中央より左側で押さえるように」という記述があります。左手をしっかり押さえようとしてつい指を深く押さえがちですが、こうすると特にヴィブラートがかけにくくなります。和音を押さえる時は指の腹が隣の弦に触らないように気をつけないといけませんが......夢中になると見落としがちな事ですが、 とても大事なポイントです。Galamianのこの本は1つ1つの項目はあまり多くの言葉を使っていませんが、よく読むととても参考になります。
 訳本が音楽之友社から「ヴァイオリン奏法と指導の原理」という題で出ています。私もこの本の第1版を持っていますが、Kindle版を見つけたので再度読み直しました。それほど難しい英語でもないし写真がきれいなので 、読むならこのKindle版がお奨めです。(kindle violin playで検索するとAmazonにハードカバーとKindle版の2つがあります。)


5.1

 DVDだけでなくBD(ブルーレイ)にもしてみようと思い、Mac用のブルーレイのドライブを手に入れました。そこでいつも通りブルーレイに書き込む機能のある最新版のToast19 Proで書き込みました。容量が大きいので書き込みにはとても時間がかかります。やっとエンコーディングの最後に行ったら、なんとそこでエラーが!もう1度試してもまたエラー!エラーメッセージには訳の分からない事が!おかげで寝たのは今朝午前4時頃。起きてから色々調べても原因は不明。
 そこで ネットで調べたらLeavoのProf. Media Ultra for Macという書き込みソフトがあるようなので試してみました。試用版は5分間しか書き出せないのですが、きれいにできたので製品版で書き込みました。

 夜更かしのもう1つの原因は、マザーボードを交換して戻ってきてからインストールしてカーネルパニックに陥ったAcronisのTrue Imageをもう一度試してみましたが、この前と同様またまたカーネルパニックのオンパレード。
 CarbonCopyClonerで起動できる バックアップを取ってあるので、そこから起動してアプリケーションフォルダからTrue ImageとライブラリーのAcronis関連のフォルダをすべて削除して再起動をかけたら元に戻りました。
 このような使い方もできるので、CCC(カーボンコピークローナー)でUSBハードディスクに直接つないでバックアップをとる事にしました。私の場合はNASは役に立たなくなってしまいましたが、他のMacでは使えているのでそのまま行きます。


4.29

 先月の半ばに開いた卒業生リサイタルのDVDがやっと完成しました。Premiere ProにするかiMovieにするかずいぶん悩みましたが、操作法のよく分からないPremiere Proは使い切れないのでiMovieにしました。iMovieでも音量のコントロールができますし、字幕もかなり細かく変えられるので、私の用途にはこれで充分!
 前にTimeMachineで不具合があり、バックアップソフトをAcronisのTrue Imageに替えましたが、マザーボードを取り換えたら思いもかけぬ不具合。色々調べてCCC(カーボンコピークローナーCarbon Copy Cloner)を使おうと思ったら、なんとNASでの動作はサポートしないよう。そこでもう1度TimeMachineを試してみました。今のところ不具合は見られません。
 小さい事故は色々ありますが、マザーボード交換後は大きな問題は起きていません。昔のひとりごとを見ると去年の初めから起きている事故はマザーボードの問題だったよう。ソフト的な問題だと思っていたので、OSのクリーンインストールをすれば解決すると思っていました。でも次から次とトラブルが起き、やっとマザーボードに辿り着きました。(問題が起きた時に相談ができるMacラボのような所はとても大事。ハード的な問題はユーザーには調べる術がありませんから。)

 来月9日に予定していた船橋5月ステップはコロナのために中止する事といたしました。11日までは緊急事態宣言期間、今の状態ではとても収まる気配はありません。どんなに気をつけても感染の恐れは大!クラスターが出ても責任など取れません。参加される皆さんも対応に当たってくださるスタッフの皆さんも安心して参加できないであろうという判断で、中止いたしました。明日会場の船橋勤労市民センターに行って中止の手続きをしてきます。


4.25

 LinksysのVelopに新しい製品MX5300が出ました。今までVelopでメッシュWiFiを作っているのですが、MX5300をルーターとして他のVelop2台を加えて3台でネットワークを作ってみました。私の環境でWiFi6に対応しているのはiPhoneしかありませんが、通信のスピードが基本的に速いので、古いMacbook Proでも御利益があるだろうとふんで試してみました。結果としては思った通りとても気持ちよく動いてくれています。

 左が今までのVelop2200、右が今度導入したMX5300です。本体も電源アダプターもかなり大きくなっています。電源スイッチは今まで通り本体の下面にありますが、Etherのケーブルは背面に挿すようになりました。
 リビングでネットにつないだ感じでは今までよりかなり速いです。このMX5300、1台でカバーするエリアがかなり大きくなったので、ひょっとすると1台で家中をカバーできるかも?近いうちに試してみます。

 今日はAppleにiTunesへのCDの読み込みについて電話しましたが、Macbook Proの不調の中でLibraryが壊れたようです。iCloudのバックアップも壊れたLibraryがせっかくのLibraryを上書きしてしまうので、外付けのHDDにバックアップをとっておいた方が良さそうです。


4.22

 去年の終わりからずっと取り憑かれてきたMac環境もマザーボードの交換でやっと落ち着きました。OCNのサポートに電話したら、今の接続でIPoEの恩恵は受けられているとの事でした。昨日24インチiMacが発表されました。M1チップ第2弾、これで次に出るMacbookあたりから手を出しても良いでしょう。

 不器用でうまく弾けない生徒に対する時、先生はよくこういう生徒はセンスがないと言います。たしかにセンスがない場合もありますが、場合によってはとんでもない思い込みのために弾けなくなっている事もあります。その昔先生に肩を上げるなと言われつづけて、普通より一段肩を下げて構える生徒がいました。鎖骨に楽器を載せて、といっても無理やり肩を下げているので楽器が安定しません。特にシフトが不安定で、ヴィブラートもうまくかかりません。初めは肩が下がっている事に気がつかなかったのですが、肩を普通の位置に持ってくるようにしたら普通に弾けるようになりました。その昔の先生がどういう意図で仰ったのか確かめる術はありませんが、その一言がその生徒にとって災いの元であった事はたしかです。
 似たような例は枚挙に暇がありません。先生と似た体格と感性を持っている場合は先生の言うことはよく伝わるでしょうが、 そうでない場合は先生も生徒も気をつけないといけません。生徒が一生懸命先生の言う通りにしようと思っても、体格が違えば感覚も違います。


4.15

 大昔のホームテレホンをずっと使ってきましたが、前にも書いたような事情でホームテレホンを維持する意味がなくなったので、パナソニックのパーソナルファックスというワイヤレスの子機付でiPhoneとも連携できるものに移りました。今日NTTに電話回線のコードをつなぎ替えてもらい、無事にこのパーソナルファックスに接続しました。あまりにも機能が多く、まだ全然飲み込めていませんが、じっくり時間をかけて覚えていきます。FAX専用回線がなくなったので、名刺も作り替えないといけません。
 今までは各部屋に電話機を置いていましたが、これからは子機を持って歩けば良いわけです。それにスマホとの連携機能もあるので、外線がかかってきた時にiPhoneも鳴ります。そのためには同じネットワークに接続していないとダメなようなので、レゾナンスのネットワークを作り替えないといけないかもしれません。面倒ですが一度設定すれば便利に使えそう!Amazoneで27000円位でした。


4.9

 身の回りで健康のありがたさを実感する事件が2つ起きました。どちらも一応小康状態を得ましたが、この先が不安です。なんの変化もないごく当たり前の毎日のありがたみを痛感させられました。

 昨日OCNへの接続を調べたら、わが家の環境はIPoEには対応していませんでした。色々調べるとWiFiの環境はすでに新しい局面(WiFi6)に入っているようです。ただルーターだけ新しくしても、メインに使っているMacbook Proは2012年製、そのありがたみは味わえません。しばらくはこのまま行き、新しいチップのMacbookに移行したらその時にベストの環境に移ります。いつの事か分かりませんが。


4.3

 母の薬をもらいに千駄ケ谷まで出かけました。都心の桜は満開を過ぎていますが、どこもとてもきれいに見えました。

 新年度を迎え皆新しい目標に向かってスタートを切ったところでしょう。目標を立てたらそれを実現しないと。その時自分の弱点欠点を克服しますが、その方法は自分で探さないといけません。自分に合った方法は自分にしか分かりません。誰かにアドバイスをもらってそれがすごいヒントになることはたしかにあります。でも人に教えてもらおうという考えは大体うまく行きません。人によって感覚が違うからです。つまり同じ言葉を使っていても意味するところが違ったりするのです。
  何をしてもうまくいかず空回りしている時は、自分が嵌まっているワナに気がつくことが大事です。人に言われた一言がその原因になっているということがよくあります。言っている方も言われた方もどちらも悪気はないのですが、感覚による違いからアドバイスが活きないということがよく起こります。
 それに人から聞いたものはすぐ忘れますが、自分で見つけたものは一生忘れません。自分の問題は自分で解決すべき!その気持ちでやっていると、人のアドバイスも有効に活きるようになります。(自戒を込めての一言!)


4.2

 新年度になりました。おととい戻ってきたMacbook Proは昨日バックアップのソフトをインストールしたら、バックアップ始めた途端に突然再起動がかかるようになりました。バックアップソフトが原因なのははっきりしているので、ホームページを見たらソフトを捨てれば良いと書いてあるのでセーフブートして削除しました。その後問題になる動作はありません。その後ネットでバックアップソフトを色々探しましたが、どれも私の環境に合いません。NASでの動作は保証しないとか、試用版で試したらエラーがたくさん出たりとか散々でした。バックアップをとるなら1週間に1回位USBでHDDをつなぐしかないようです。データ自体はiCloudにあるので、iMacから見ればデータは読み出せます。


3.31

 おととい入院したMacbook Proを取りに行ってきました。マザーボードの交換をしているのでMacの戸籍にあたるシリアル番号も変わりました。Macラボの方のお話だと2012MidのMacbook Proはとても故障の少ないモデルだそうです。今回マザーボードを交換したら、とても快適で今まで経験したことのないような速さです。CPUが2.9GHzでメモリーは16GB、SSDに換装して2TBがのっているので2012Midモデルとしては最強の環境です。触っていてもこれなら充分という感触!これでBigSurとMチップが落ち着くまで過ごせそうです。良かった!
 それにしても今回の変貌ぶりには驚きます。今から振り返ると、プリントについて問題が起きた頃からおかしかったようです。他のMacからはプリントできるのに、このMacbook Proからはプリンタが見えなかったり、サプライの情報は見えるのにプリントがかからない、といった妙な動作が起こるようになっていました。 このページにも何度も書いたトラブルに悩まされ続けましたが、もっと早くMacラボに行けば良かったです。昨年末からの無駄な時間を過ごさなくて良かったでしょう。

 明日から新年度。コロナは好転する兆しはありません。一体どうなるのかなぁ?


3.27

  通信環境の変更はホームテレホンが邪魔をしてうまくいかなようです。JCOMの速いコースに移ろうかと思ったのですが、OCNはIPoE(IPv4 over IPv6)での接続ができるよう。いくら10GBといってもIPv4での接続だったらスピードは出ません。ホームページにはその点の記述はないので、多分IPv4なのでしょう。それなら1GBだとしてもOCNの方が速くなるでしょう。10GBといってもベストエフォートですから、混雑すれば低い値しか出ません。ということでOCNのまま行くことにしました。


3.24

 わが家の通信環境を替えることになりましたが、始めはインターネットだけを替えれば良いと思っていたのですが、電話まで替えなければいけなくなりました。それに伴って先週末から色々のことがあり、今日やっと目処が立ちました。(NTTやOCNに電話しなくてはいけなくなったのですが、コロナ禍のせいで待たされること。そして同じNTTの系列なのに、「別会社ですから。」ということで行ったり来たりの連続。そしてお互いに知らん顔をするのにはいささか腹が立ちます。)
 今まで2回線のホームテレホンを使い、1回線はFAX専用、もう1回線は普通の通話回線として使ってきましたが、今やFAXを使う人はほとんどいないのでFAX回線は止めることにしました。 今では連絡はほとんどスマホでするので、固定電話を止める方も多いですが、通話とFAXの両方を1つの回線にまとめることにしました。ファックスでありながら通話はスマホに連携できる物が見つかったので、それに移ることにしました。
 今までのホームテレホンを活かしてそのまま行くことはできないわけではないのですが、大昔の機器に拘る意味がありません。今やWiFiを中心とする機器の連携が進んでいます。昔は色々な部屋に電話やインターホンを置くには有線でつなぐしかありませんでしたが、今やWiFiがあれば電話機とスマホをつなぐことも容易です。そうすればインターホンは置かなくても、WiFi経由でスマホで話できますし、玄関の電気錠もワイヤレスで開けられます。今の機器はかさばらないので、大昔の電話とインターホンは昭和の遺物として放っておくことにします。


3.22

 この2〜3日、印象的な出来事が2つあり、生活がまるで変わりました。人間いつでも変われるのだということを思い知りました。

 それに伴って現れたのがこれ!

 そう、AirPods Proです。今までは裏画像のようにイヤフォンを使っていました。でも歩いている時に左耳の方がすぐ抜けそうになります。それに音はただ聞こえるだけのレベル。近くのケーズデンキで音質の良いものを聞いたらこれを奨められました。たしかに音質は大差がありました。ただ今日散歩している時に右の方がポロッと落ちそうになったのには驚きました。

 私がしようとしているぐらいのことならPremiere Proなど使わなくても、iMovieで充分できました。ただ演奏時間の関係から1部を1枚のDVDに入れることはできません。つまり2回で4枚が必要となります。
  システム情報を見たらiMacと一緒に買ったCDドライブは2層書き込みに対応しているよう。解像度は落としたくないし2層書き込めるDVD-ROMもあるので、これに挑戦してみます。


3.19

 この前の日曜日にレゾナンスで小さいイベントを開きました。コロナ対策には充分留意しました。その時の様子をビデオで撮り、音声はカメラ用のフィールドレコーダーで録りました。本当はマイクを立てて録りたかったのですが、ソーシャル・ディスタンスの上にマイクスタンドがあるとなんとも動きが取れないので、マイクを立てずにフィールドレコーダーのマイクを使いました。
 その時の動画のファイルをPremiere Proで編集しようと思ったのですが、 初めて触るソフト、複雑過ぎて手こずっています。ネット上にあるPremiere Proの初心者用説明を探して、少しずつ操作法を探しています。やりたいことはそれほど複雑ではないので、ある程度練習すればできると思います。動画の中の不要な部分を削除して、部分的に音声をボリュームアップして、字幕を少し入れたいです。


2002年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分 
2003年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2004年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2005年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2006年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2007年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2008年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2009年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分
10月分11月分12月分
2010年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2011年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2012年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2013年1月分2月分
3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2014年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2015年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10〜12月分
2016年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2017年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2018年1〜3月分
4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2019年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2020年1〜3月分4〜6月分7〜9月分10〜12月分
2021年1〜3月分 はこちらです。