昭義のひとりごと  


このページは私の日記のようなものです。私の感じること、周りで起こったことを書きます。

このページは下から上へ順番に日付が新しくなっています。前のものを読みたい方はこちらからどうぞ。

生徒さんへの重要な連絡があります。こちらです。(2015.8.3)必ずご覧下さい。

〜栄子の花日記〜...ときどき音楽こちらです。理恵子の公式サイトはこちらです。


5.21

 今日はレゾナンスに杉谷昭子先生をお迎えしてコンサートを開きました。

 バッハの半音階的幻想曲とフーガに始まり、ベートーヴェンのワルトシュタイン、そしてお得意の小品集を弾かれました。とても活力に溢れたエネルギッシュな演奏でした。アンコールにはサプライズで理恵子が登場しました。

 そして終演後はミニパーティーでお楽しみいただきました。

 次のレゾナンス・コンサートは来月5日(日)の佐藤勝重セカンドアルバム発売記念コンサートです。


5.19

 この前の定期の延長戦で、持ち方と共に顎当てもツゲから元(G.Guadagniniは黒檀、G.Sgarabottoはローズウッド)に戻しました。ツゲの顎当てにしようと思った理由は、GuadagniniにHillの顎当てを付けると支えにくかったからです。でもちょっとした調整で、問題は解決しました。もともと音的には黒檀の方が音色的にも音量的にも私の好みに合うので、しっかり支えられるなら黒檀の方が良いです。無理しないで思ったように弾けて、気持ち良いです。


5.15

 今日も楽しいコンサートでした。会場も大受けでした。
 いささか冒険ではあったのですが、何となくうまくいきそうな感じがするのでおまじないなしで弾いてみました。舞台に出る直前に袖で弾いている時に、さしたる違和感なしに弾けたからです。問題はG.Guadagniniの方なので、この後試してみます。

 歳と共に持ち方も微妙に変化します。まああった方が楽ですが、なしでも行けそうです。普通の持ち方に戻すことにしました。


5.14

 とても楽しい演奏会でした。なんといってもモーツァルトの2台ピアノが最高です。お2人はいつまででも弾き続けられる、という感じに楽しく進行されます。アンコールも楽しめました。7度の下降音形が特徴のエルガーも良かったと思います。
 今日はホールの前の通りでタイ・フェスティバル、いつものことながら大混雑だったようです。私は朝の様子から外に出ない方が良いだろうと思って、お昼はNHKの中で済ませ、その後は楽屋で静かにしていました。

 今日はStradPadを使わずに本番を弾きましたが、特に違和感もなく普通に弾けました。でも今はおまじないを使っています。でもしばらくしたらそのおまじないもなくて良いようになるのでは?という予感がします。
 本当はStradPadを使いたいのはG.Gadagniniの方なのですが、今日はSgarabottoを弾きました。そこで家に戻ってから、GuadagniniのStradPadを外してみたのですが、特に不都合はありません。このStradPad、持つポイントを感じるためにはとても有効でした。でも顎当てにあたる角の部分が、汗ばんだ程度でもかなり劣化します。この調子だと汗をかくと角の部分がボロボロになりそうです。明日出かけるまで弾き込んでみて、明日中にはこれからどうするか決めます。


5.13

 尾高さんの説明によると、イギリス人の大作曲家はいないというジンクスに逆らって、エルガーはエニグマを書いたそうです。そしてその後交響曲1番、2番と続いたということです。明日あさってはその成果をお楽しみ下さい。
 前にご紹介したStradPadですが、このところ暑い日が続いたら、ちょっと汗ばんだ程度なのに顎が触れるところが 劣化しました。最近StradPadがなくても大丈夫なのではないかと感じていたので、これを機会にやめました。今日は1日これなしに弾いたのですが、問題もなく弾けました。


5.12

 今日もエニグマから練習が始まりました。尾高さんはイギリスの作曲家には思い入れがあるので、各ヴァリエーションの表情をとても細かく説明されます。明日もう1日練習があり、あさってから本番が始まります。

 栄子先生が主宰するちば・市川バスティン研究会は熊本地震の義援金として、オリジナル教具の収益を被災された熊本バス研をサポートされているピアノハープ社に寄付させていただくことにしました。詳細はこちらをご覧下さい。

左上のマグネットは今回はお取り扱いはありません
この教具をご希望の方は
バス研副代表塩屋宛にお申込み下さい。


5.11

 久し振りのN響でした。今回は尾高さんの指揮する5月A定期、武満さんの波の盆、モーツァルトの2台ピアノ協奏曲、エルガーのエニグマというプロで、今日は「エニグマ」と「波の盆」を練習しました。尾高さんはBBCウェールズ交響楽団首席指揮者をされて、エルガー、ウォルトン、ブリテンなどのイギリスの作曲家の作品を数多く取り上げていらっしゃいます。今回はそのエルガーのエニグマです。尾高さんは新しいヴァリエーションに入るたびにその意味を説明されました。とても面白かったです。明日からは3曲とも練習します。


5.5

 出かける予定が急にキャンセルになって、一日ゆっくりしました。
 庭のバラが4月終わり頃から段々咲いてきています。

 栄子先生と一緒にバラの写真を撮っていたら、2階の窓にスコちゃんが。スリッパもよくこの窓から外を見ていました。スリッパとスコちゃんの一番違うところは、スリッパはひざにのってきたのに対して、スコちゃんはすり寄っては来ますが抱っこされるのは嫌いです。

 明日は最大10連休の中の平日2日目です。来週はまたN響に行くので、その準備をしています。プロは
 武満 徹/波の盆(1983/1996)
 モーツァルト/2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365
    (ピアノ:チック・コリア&小曽根真)
 エルガー/変奏曲「謎」作品36
です。


5.4

 第6回「輝く未来」の名古屋宗次ホールでのコンサートが先月末30日に、市川市文化会館でのコンサートが昨日3日に開かれました。「輝く未来」という企画は”音楽家を目指す・期待される、ジュニア・ソリスト”の演奏を鑑賞し応援しましょうという趣旨の2人のジュニア・ソリスト(中学生)のジョイントコンサートです。今回は愛知県大府市在住の進藤実優さんと千葉県市川市在住の日煢p惠さんが出演されました。今回の2人は共に中2です。

前半/進藤実優
 バッハ:主よ人の望みの喜びよ
 リスト:パガニーニ大練習曲より第3番「ラ・カンパネラ」
 ショパン:華麗なる大ポロネーズ
 リスト:スペイン狂詩曲

後半/日煢p惠
 モーツァルト:きらきら星変奏曲
 リスト:愛の夢第3番
 リスト:パガニーニ大練習曲より第6番「主題と変奏」
 ショパン:ノクターン第8番
 ショパン:スケルツォ第1番

という大人顔負けのプロで、それぞれの個性を活かしたまるで違う世界が味わえました。


 今日は栄子先生の右腕としてお世話になっているS屋先生の九十九里浜にあるセカンドハウスでバーベキューを楽しんできました。自然の中でのこんなに美味しいお昼は初めてです。帰りには我が家でも庭でバーベキューをするようにセットをいただきました。今日は車だったのでノンアルコールでしたが、家でビールを呑みながらバーベキューしてみたいです。


4.28

 今日は2日目、スラットキンさんの力の抜けた雰囲気のせいか、会場の雰囲気もとても柔らかいです。バーンスタインのウェストサイド物語とマーラーの4番は共に静かに終わりますが、スラットキンさんは静かではあっても緊張感を漂わせないので、終わった瞬間に大向こうから声がかかることもなく、とても良い終わり方でした。

 今日の本番前は買ってきたパンと出がけに家で淹れたコーヒーで軽く済ませました。これからはこれで行きます。


4.27

 B定期の初日でした。どの曲も肩の力が抜けた柔らかい表情に溢れていました。これこそスラットキンさんの魅力です。バーンスタインの3曲も頑張りすぎずに余裕を持った音でした。音量だけでなくテンポもよくコントロールされています。

 アークヒルズは丸善が撤退し、レストランも何か歯が抜けたような感じ、どこも立ち食いに毛が生えたような中途半端さ。演奏会を聴きにこられたお客様は一体どこで食事されるのでしょう?家賃が高いから回転をよくしないといけない、ということから始まるこの変化、一年もしたらどの店も残っていないのでは?(今にして思えば何年も前からこの傾向は始まっていました。)


4.26

 昨日と同様午前中にマーラー、午後バーンスタインの3曲を練習しました。今回はとても楽しい曲目のオンパレードです。マーラーもいつもと少し違う響きを感じます。
 練習所の骨格はリフォームされても変わらず、練習スタジオと楽員控室は前と同様2階にあります。指揮者室は前は3階にあったのですが、リフォーム後は2階に移りました。そして前は2階にあった事務室は3階に移りました。ライブラリーは前と同様3階ですが、場所は変わりました。設備は拡充されたので便利になりましたが、 楽員控室は狭くなりました。そして駐車場も狭くなりました。

 明日はいよいよサントリーホールでゲネプロ本番です。駐車場はどこも一度入れたら帰るまでずっと入れておいた方が安くつくようになっています。ですから朝ホールに着いたら本番が終わるまで車は動かしません。
 車といえばこの4月から首都高の通行料が変わりましたが、私がふだん使う区間は値下げになっています。ただ今日帰りに芝公園⇒千鳥町と走ってみたら、なんと850円も取られました。市川⇒芝公園は590円なのに。すごいのは市川⇒錦糸町、前は510円でしたが、今度は410円。両国まで渋滞していたら、無条件で下を行くべきですね。


4.25

 今日からスラットキンさんの4月B定期の練習です。久し振りのN響で疲れました。今回のプロは
 バーンスタイン/「キャンディード」序曲
 バーンスタイン/「オン・ザ・タウン」
 バーンスタイン/「ウェストサイド物語」
 マーラー/交響曲第4番
というもので、前半はバーンスタインの作品3曲です。2曲目の「オン・ザ・タウン」は私は初めて弾く曲です。スラットキンさんはバーンスタインを楽に弾くように何度も言われていました。マーラーも同じ路線で、力まずににコントロールしながら弾くようにされています。
 前は朝食のセットを持って行って練習所で朝ご飯、だったのですが、練習所のリフォーム中に色々なスタジオに通っている間に朝早く起きて家で朝食というように変わりました。6時に起きて8時に家を出て、練習所には9時過ぎに着くようにしています。


4.23

 江戸川東地区のステップも無事終わり、10時前に家に戻ってきました。レベルは色々ありますが、参加者は皆頑張って弾いていました。講評ではいつも弾き慣れたテンポだけではなく、少し速くしたり遅くしたりして曲に合うテンポを探してみるようにアドバイスしました。聴いていると段々とテンポが落ちていくような気がしたからです。
 市川フレンドステーションはアドバイザーの先生方に負担にならないように10:00に始めて19:00には終われるようにしてもらっています。そうしないとお手伝いして下さる方たちにも負担になりすぎるからです。今日はバスティン研究会の先生方、参加した生徒さんのお母様たち総勢20人の方が、長時間にもかかわらずお手伝い下さいました。おかげさまでとても良いステップができました。ありがとうございました。

 家に帰ったらその余韻を味わう暇もなく、次のイベント「輝く未来」の連絡が続々入ってきます。私はあさってからはN響B定期です。


4.22

 明日のステップを控えて朝から走り回りました。最後に銀座のヤマハ、大丸の東急ハンズに行き、その後明日に備えて洗車、妙に疲れた一日でした。このところステップだけでなく同時進行で3つ位のプロジェクトが動いています。そして来週はN響のB定期に出演します。その後「第6回輝く未来」が名古屋と市川で開かれます。


4.21

 ピアノレッスン室の液晶テレビは大昔の物だったので、入出力が時代遅れになっていました。当然HDMIケーブルなどつなげませんから、ブルーレイは扱えません。ビデオカメラで撮った動画を見せたくても見せられませんでした。この前VHSビデオの内容をDVDに入れようと思ったのですが、リビングのPanasonicのレコーダーにはRCAの入力端子はありません。そこでRCA入力のあるSharpのレコーダーを買いました。でもこれも出力はHDMIのみ、しかたなくテレビを買い替えました。
 そして昔撮りためたVHSビデオを我が家のVHSがかかる唯一のビデオで再生して、それをRCAケーブル経由でレコーダーのハードディスクに録画しました。今までセミナーなどで昔の画像を見せたくても、DVDに移すのが大変でした。でもテレビとレコーダーが新しくなったおかげで、取扱いが楽になりました。


4.17

 今日は第66回勉強会を開きました。ステップ、コンクール、コンサートを間近に控えた生徒さんのためのリハーサルです。

 写真ではあまりよく分かりませんが、バルコニー席に置いたビデオの画面をスクリーンにプロジェクターで投影しています。これで右側の席に座っている人も奏者の手元が見えます。
 全員の演奏後、2人でアドバイスをしました。私は時代区分による演奏スタイルの違いについてお話しし、演奏する時に何に気をつけないといけないのかを説明しました。

 プロジェクターにはUSBとHDMIで接続するのですが、ビデオをバルコニー席に置くと手持ちのケーブルでは微妙に距離が足りないのです。(バルコニー席から撮ったのは今回が初めてです。)ビデオの出力がminiHDMI(最近はmicroHDMIがほとんどです。)なので、HDMIをminiHDMIに変換するコードが必要ですが、市販品は1.5mしかありません。それは既に持っているので、中継用アダプターとHDMIの3mケーブルを買ってなんとかしのぎました。


4.15

 来週23日(土)に江戸川区総合文化センター小ホールで開かれる市川フレンドステーション主催の江戸川東地区ステップの打合せをレゾナンスでしました。スクリーンにプロジェクターで会場の案内図を投影して楽屋の設定を説明したりと、皆さんに分かりやすくお見せできて良かったです。その後書類を確認して整理して今日の打合せは終わりました。私はその間会場に掲示する書類をプリントしてパウチする作業を続けていました。パウチは1枚ごとにかなりの時間がかかります。30枚近くパウチするのは大変でした。

 そのあと練習所に行ってB定期の譜面をコピーして、家に戻ってから紙テープで製本しました。一番ページ数が多いのはバーンスタインのウェストサイドストーリーで20ページあります。紙テープで製本できるのはこれくらいまでで、これよりページ数が多くなると、紙テープよりリング式の方がきれいに仕上がります。


4.12

 今日ナノカーボンペンが届きました。これはFacebookで紹介されていた接点改質剤で、どの程度効果があるのか試してみました。

 メインアンプmini91Bのスピーカー端子からスピーカーの間の接点全てに塗ってみました。接点をつなぎ直しただけでもリフレッシュするので、どこまでがこれの効果なのか分かりませんが、かなりの効果があるように感じました。くっきりと音が前に出てきます。600円ほどのものですから試してみる価値はあるでしょう。オーディオに限らず、電気的な接点にはもれなく使えます。


4.11

 雨に強風が続き、桜も段々葉桜になっていっています。そんな中今日は来週土曜日23日の市川フレンドステーションのステップと来月3日の門下生が出演する"輝く未来"の打合せに出かけました。

 23日(土)のステップは江戸川区総合文化センターの小ホールで開かれます。12:25〜12:40にはアドバイザーの安倍美穂先生によるトークコンサートが予定されています。

「ピアノでおはなし」
♪ギロック  :カプリッチェット 
♪渡部賢士  :ピクニックへ行こう(ピティナコンペ課題曲より2曲)
♪ドビュッシー:グラドゥス・アド・パルナッスム博士 
♪安倍美穂  :組曲「眠り姫のおはなし」

 入場は無料です。お近くの方はぜひお聴き下さい。

 5月3日は第6回"輝く未来"ジョイントコンサート市川が市川市文化会館小ホールで開かれます。"輝く未来"は"音楽家を目指す・期待される、ジュニア・ソリスト"の、演奏を鑑賞し応援しましょうという趣旨の演奏会です。今回は愛知県在住の進藤実優さんと千葉県在住の門下生日煢p惠さんの2人が出演し、4月30日に名古屋の宗次ホールで、5月3日に市川市文化会館でコンサートが開かれます。


4.7

 昔撮ったVHSビデオの内容を生徒に見せたいので、それをブルーレイレコーダーに録画しようと思い立ちました。ところが去年の暮ブルーレイレコーダーがダメになって、新たに買ったPanasonicのレコーダーにはアナログ入力の端子がありません。(この時はアナログ入力のことは眼中にありませんでした。)そこでアナログ入力のあるレコーダーを買いました。VHS+DVDのレコーダーも持ってはいますが、ハードディスクに保存した方が便利なので、500GBのHDD付き1チューナーのモデルにしました。VHS+DVDレコーダーのANALOG OUTをブルーレイレコーダーのANALOG INにつないで録画しました。


4.4

 いまだにバージョンアップしたソフトの扱い方に戸惑っています。表示のされ方が微妙に変わって、思ったように扱えないのです。今はオンラインのマニュアルが多いので、2台のMacbookを使って、1台はマニュアルを表示、もう1台で作業しています。1台でマニュアルを見ながら.......というのは無理。
 そんな中突然ネットにつながらなくなり、調べてみたらAirMacが不調のよう。再起動したら無事復旧しましたが、忙しい時に限ってこういうことが起こります。

 インストール作業のために連日午前様になっていたので、昨日は9時前に寝てしまいました。そして6時に起きて朝食の後朝練。2時間ほどでしたが、とても能率良くはかどり、このところ悩んでいたことがいっぺんに解消しました。

 昨日近くの真間川の桜を見に行ってきました。3日前には咲きはじめ、半開という感じでしたが、昨日は日曜日ということもあってたくさんの人が花見にいらっしゃっていました。

昨日は満開

3日前はこの程度

 昨日からの雨で散り始めているのでしょうが、いつまでもつのでしょう?


4.2

 昨日の話はApril Foolではありません。本当の話です。ウィルス除けのソフトや色々なユーティリティを入れたり、細かい作業はまだ続いています。色々やった感触から言うと、El Capitanにしても良いかなぁ?ただ買い替えないといけないソフトがあります。でも今はOSに色々なソフトが付いているので、かなり楽になりました。
 まる2日間掛かり切りになりましたが、なんとか一区切りが付きました。今日は早く寝て明日から普段に戻ります。


4.1

 おとといの夜栄子先生が使っているMacbook Proが突然昇天してしまいました。そこで昨日まず秋葉館に行って内蔵のハードディスクをとりだしてケースに入れてもらい、銀座のAppleStoreに行って新しいMacbook Proを買いました。家に戻って差し当たりメール、Office、AdobeのCreativeSuiteが使えるようにしようと思ったのですが、今まで10.6.8で使っていたものを10.11にするのですから、どれも一筋縄では行きません。2日がかりでやっと目鼻がつきました。
 Snow Leopard、Lion、Mountain Lion、Mavericks、Yosemite、El Capitanと5段階いっぺんに進むので(私の使っているMountain Lionからでも3段階)、まるで別世界です。私のMacbookはまだ快調に動いているので、当分はMountain Lionを使いますが、今回手に入れたEl Capitanの様子を見て、良ければ私も移行します。
 それにしても同じDreamweaverでも使い方がものすごく変わっていて面食らいます。慣れるのにしばらくかかります。

 移行にあたってAppleとMicrosoftのサポートデスクに電話しましたが、どちらもとても丁寧に対応してもらえました。MicrosoftはOffice2011をインストールした後のアップデート、AppleにはSnow LeopardのメールデータのEl Capitanへの移行の方法を聞きました。AdobeはCreative Suiteはサポートの対象外にしています。VMware FusionやParellelsの仮想化ソフトを使って古いSnow Leopardを動かす方法があるようなのですが、今回は見送りました。私の場合Fusion上でMountain Lionを動かせば今と同じ環境が作れるので、試してみる価値あり?


3.27

 先日届いたオイストラフのCDを聴いて、しばらく寝ていた虫が起きました。今までCDプレーヤーMYRYADのMCD500のアナログアウトをSV-20Dに入れていたのですが、今余っているModel2を通してみようと思い試してみました。

 すぐに比較できるようにDigitalOUT→Model2→SV-20DのLINE2、AnalogOUT→SV-20DのLINE4として、チャンネルを切り替えて聴いてみました。この前手に入れたオイストラフのモーツァルトのアダージォとロンド、ノイマンのドヴォルザークのスラブ舞曲、ノイマンのスメタナの我が祖国を聴いた時点での感想です。MCD500内蔵のDACは割と良いので、切り替えてすごく違うわけではありませんが、音の粒の細かさとクレッシェンドしていった時の伸びやかさにはかなりの違いがあります。TL-51Xは上からローディングしますが、MCD500はフロントローディングなのでModel2を写真のように置けるので、しばらくこれで行きます。

 夜になってピアノのCDを聴いたらModel2の威力がよく分かりました。ピアノの響き、音の収束のしかたがMCD500内蔵のDACとは大違いでした。色々な音源で万遍なく聴いて、初めて得意不得意がハッキリしてきます。今まで聴いたヴァイオリン、ピアノ、オーケストラの中ではピアノが一番違いが大きかったです。あとは歌と室内楽かな?時間がとれたら試してみます。


3.25

 Amazoneの案内で見つけたDavid Oistrakh: The Complete EMI RecordingsというCD集が今日届きました。

 ADDとあるのでレコードからの復刻版だと思いますが、今まで聴いた復刻版の中で一番素晴らしい音です。演奏の細かい部分がとてもよく拾われていて、同じ曲を聴いてもまるで違う音に聞こえます。レコードを聴いている感じです。20世紀の大ヴァイオリニストのCD集はたくさん聴きましたが、その中でもベスト、他のCDでは聴けない自然な響きです。興味のある方はぜひお聴き下さい。

 火曜日に木更津に行った時に、千葉の辺りで前の車がまき上げた石でフロントガラスにひびが入りました。前に同じ経験をした時は保険を使ったのですが、今回は行きつけのタイヤ屋さんに紹介していただいたガラス屋さんに補修してもらいました。今回は助手席側の上なので、運転して気になるところではありません。亀裂が広がらないでくれれば良いので、補修することにしました。

 

3.22

 このところ妙に忙しかったので、連休明けの今日ドイツ村→木更津のお鮨→三井アウトレットパーク木更津とまわってきました。
 9時過ぎに家を出てまずドイツ村に行きました。水仙と芝桜を見ようと思ったのですが、どちらも早すぎたようでした。

水仙 芝桜

 マルクトプラッツでドイツビール6本のセットを買い、ドイツ村を後にしました。そして今日の一番の目的、ネットで穴子の美味しいお店と評判の木更津のお寿司屋さんに向かいました。

 上の段右端がその穴子ですが、柔らかくて美味しい上に、とても安かったです。寿司を堪能してから近くのアウトレットに行きました。結局ピンとくるものがなかったので、マザー牧場のソフトクリームを食べて帰路につきました。
 今まで千葉に出て京葉道路で帰っていたのですが、ナビがアクアラインを奨めてきたので、初めて走ってみました。(アクアラインには割引があるので通行料は800円でした。)海ほたるで車を停めて、5階から360度景観を楽しみました。


正面は木更津方向です

 距離的にはアクアラインを通る方が短いのですが、湾岸の空港中央から料金所の間が渋滞することが多いです。今日も渋滞してました。景色はこちらの方が良いですし、3kmほどの渋滞以外は走りやすかったです。

 BMWはドライバーにいつもハイテンションを求めてきます。歳とともにもっと楽に運転したいなぁと思うようになってきました。そこでボルボのS60 D4に試乗しました。スペック的にはBMWのディーゼルを上回るのですが、実際に乗ってどう感じるのか試してみたかったです。(BMW 320dの184HP/38.7kgmに対して、VOLVO S60 D4は190HP/40.8kgmです。ちなみに320dは427万〜、S60は459万〜ですが、セーフティー機能がオプションのBMWに対して、VOLVOには10種類の機能が標準でつきます。従ってVOLVOの方が割安です。)
 結論から言うと、乗り心地と動力性能の2点で印象が強かったです。シートが包み込むような感じで、フラットな感じのBMWとは性格が違います。ボルボのシートだとクッションがなくても大丈夫そうです。そしてディーゼルの動力性能はとても素晴らしく、去年乗ったT4のエンジンとは別物でした。これなら普段は楽に、そして必要な時は充分な加速が得られます。S60 D4にはポールスター・パッケージがあり、188,000円で200HP/44.9kgmにできます。でも乗ってみたらその必要はないかも?デフォルトで充分です。


3.21

 iMovieで動画を作っていたらハードディスクの空き容量が20GB未満、知らないうちにこんなところまで使い込んでしまいました。そこで慌てて外付けハードディスクを買いに行き、古い方のMacbook ProのOS Snow Leopardに対応するハードディスクをなんとか見つけました。
 内蔵ハードディスクの中身をみると、容量をたくさんとっているのは写真データとムービーフォルダで、合わせて300GBあります。 これを外付けハードディスクに移して、使う時だけ内蔵ハードディスクにコピーすることにしました。
 ユーザー領域のデータ(600GB以上ありました。)をバックアップしたら4時間以上かかってしまいました。Time Capsuleは便利そうに見えますが、バックアップの途中でスリープさせると、次のバックアップに異様に時間がかかります。それにデータをひとかたまりにするので、特定のファイルを戻すのは大変です。ですからバックアップソフトを使って手動でするようにしています。


3.18

 出身高校都立新宿高校のオーケストラのレッスンに行ってきました。部員は前から弾いてきた人、オーケストラに入ってから弾き始めた人と前歴が違いますし、レベルもかなり違います。そこで楽器と弓の持ち方のイメージを説明して、1人1人構えと弓の動かし方をアドバイスしました。そして脱力の大切さを体感してもらいました。あっという間に時間が来てしまいましたが、分かってほしいことは伝わったようでした。

 母校は当然建て替えられているので、私の在学中の名残は何も残っていません。その頃は後者のある側の第1グラウンドと少し離れたところにある第2グラウンドの2つのグラウンドがありました。それが1度建て替えられて校舎は第2グラウンドの方に移りました。そして再度建て替えられて今は昔校舎のあったところに校舎があります。そしてなにより変わったのが高層化です。私のいた頃は2階建てでしたが、今は7階建てです。


3.16

 12日にご紹介したTrackpadをキーボードの右横に置いて、Macbookを離しておけるようになり、目がとても楽になりました。イス用のピントのおかげで背中もスッキリ伸びました。
 車用のピントドライバーの一番気に入ったところは股を支えてくれることです。私は左足ブレーキなのですが、 普通のシートだとつい左足を踏み込んでしまいます。それがピントドライバーだと股を支えてくれるので、左足の置き場がしっかりします。そして身体が真っ直ぐになります。今日も羽田往復をしましたが、前より疲れません。
  Macも運転も背中が伸びてとても気持ち良いです。


2002年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分 
2003年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2004年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2005年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2006年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2007年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2008年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2009年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分
10月分11月分12月分
2010年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2011年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2012年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2013年1月分2月分
3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2014年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10月分11月分12月分
2015年1月分2月分3月分4月分5月分6月分7月分8月分9月分10〜12月分
2016年1〜3月分 はこちらです。